morning-call-city-park

♬ Flying to New Orleans with pb ♬ – vol.5

南部の人はフレンドリーでマミーが大好き!
 

 こんにちは。東京は爽やかな快晴。ニューオーリンズの11月も晴れるとこんな風に心地良い風が吹きます。ストリート・カーに乗ってフレンチ・クオーターを少し外れると、大きな樫の木の並木道が多いことにきっと気がつくはず。天気の良い日にこの樫の木の下でお茶をするのがなんと言っても気持ち良いのです。今回はそんな大らかな自然に溢れるアメリカ南部の人達の人柄についてです。まずは、カナちゃんのレポートから…。
 

 『ニューオリンズは、時間が止まったかのように全てがゆっくり動いている町です。人が会話を楽しんで、知らない人同士でも、挨拶を交し合います。人情があついですがあまりのゆったりさに、イラついてしまうことも多々あります。そのゆっくりさといいかげんなゆるさをエンジョイしてくださいね。そう、とにかく、みんなパーティーが大好きです。それに、家族の絆が強く(特に黒人文化ですが)お母さんが強いです。こちらのミュージシャンも大きい体で、ママっこが多いんです。おおらかな町ですが、24時間バーが開いているので、酔っ払いが多いのもニューオーリンズの特徴です。』
 

 確かに、一人で歩いていても行き交う人に「Hi,there!」と声をかけられます。そして、私のような子育て終了者、言い換えれば年配の女性は(Don’t call me 年寄り!です。)、若い人たちから「Mammy」と呼ばれ、車の乗り降りのエスコートはもちろんのこと、様々なシーンで大切にしてもらえました。数年前に訪れたアラバマでも、歳とるのもイイもんだ♪なんて、チョット良い気分になったこと頻り!でございました。笑
 

 さて、次回は、またミュージシャン(Donald Harrison)に話を戻します。カナちゃん曰く『レクチャーコンサートのダベルクロフォードは、現在ニューヨークに在住して活躍しており、ジャズフェス時期などでないと、なかなかニューオリンズで、みることができないため貴重な機会だと思います。ドナルドハリソンも、ジャズフェス時期でないと演奏をニューオリンズでめったにしないので、こちらも貴重な体験になると思います。』とのこと。Davell Crawford ともアルバムを出している Donald Harrison は、Mardigras Indian のトライブのビッグ・チ−フでもあり、本当に興味の尽きないミュージシャンです。それでは、また! (写真は、ニューオーリンズの City Park内にある beignets/ベニエの美味しい Morning Cafe と大きな樫の木です。)